試しにグーテンベルクで記事書いてみよっと。【Gutenberg】

ワードプレス

旧エディターに慣れてきたころなのに…。

ある日、ワードプレスに新しいエディターが実装された。
クラシックエディターによりまぁ旧エディターは使えてたんだけど。

旧エディターの使い方

ここでまず。第一問題発生。

気づきましたか?
私の使ってるワードプレスのテーマの機能が使えません。
リンクをボタンっぽくする機能ですが、使い方がわかりません。

今まで通りの機能が使えないのって大変だな…
ワードプレスのテーマやプラグインがまだ対応してないのでできることが制限される…。

しかし便利な機能もいくつか増えてますね。
その辺を気づいた分書いていこうと思います。

新たな機能~ブロック~

グーテンベルク一番の変更点。
それはブロック。テキストや画像。埋め込み動画などをブロックとして扱います。

こんな感じのブロック選択画面があります。
この中から使いたいやつを選択して書いていく感じですね。

便利だけど不便な機能。
管理はしやすいけど、機能を意識して変えていく必要が出た。

ここは文章。ここは画像。といったように。
今まで見たいにとりあえずはっつけるのとはちょっと違う感じに…。
まぁ許容範囲内。

簡単に文章のカスタマイズ

グーテンベルク。文章のカスタムが簡単にできる。

これは便利だと思う。文章のはじめを大きくしたり。背景色を変えたり。

これらの設定はブロックごとに適応される。ちなみに太字などは今まで通りに使えるぞ。

これらの機能を取るか、プラグインを取るか。
正直言って今のところプラグインで同じようなことができそう。

独特なブロックのシステムよりはまだプラグインかなぁ。
ブロックエディターの今後に期待ですぞ!

段落がわかりやすい!

これはなかなかにいい機能だと思う。
ブロックを生かして段落というブロックがある。

これは段落ごとにブロックを分ける。
という仕様だ。

だからブロックが変わると段落が変わる。
といったようにかなりわかりやすくなっている。
この点に関しては段落ミスが多い私にとってありがたい。

その他気づいたこと

右側のメニューが多少違う。
内容は同じだけど、順番と見た目がちょっと違う。

またテキストエディターの場所がわかりづらくなった。
右上の点々からコードエディターを選ぶ。

これでテキストエディターになりますよ。

また、いろいろなモード的なのが追加された。
点々からスポットライトモードとか。
そういうところからいろいろできるよ。

周りの邪魔なものを表示しないとか。
今までの集中モードみたいなやつかな?
まぁいいや。

あれ?あれがない?!

いつも記事を書きながらみんな見ているであろうあれ。
あれがない。

そう!文字数がない!
これ…気になるなぁ。
記事を書きながらちょくちょく見てまだ500文字かぁとか。
あれ?気づいたら1500文字だなとか。(どちらにしろ微妙な量)

見逃してるだけかもしれないけど。
場所がわからないとちょっときついね。

終わりに

今回の記事はほとんどの人に必要ないでしょう。
ブログを書く人の一部にしか必要ない。
そんな微妙な記事だったなぁ。

というわけで。グーテンベルクで書いてみた記事はいかがでしたか?
なんか書いてるときに全然慣れてないから大変だった…。

それでは!

コメント